やすぎのやすらぎ人に出会う
天野紺屋 天野尚さん

今も伝統工芸の灯のが消えることなく続いている安来。
自分らしいものづくりに取り組む人の思いは、あなたの心をやさしく照らします。


糸全体を均一に絞るのが綺麗に染めるポイント。藍液につけた糸を竹のしなりをうまく利用しながら絞ります。

自分も喜ぶものものづくりで、枠にとらわれない藍染めの新境地へ

島根県安来市広瀬町に明治3年から続く藍染めの老舗天野紺屋があります。
現在は5代目の天野尚さんが伝統を継承し、染めを担当。糸染め紺屋を147年続けてきましたが、新たに布染めにも取り組んでいます。

絞った糸が空気に触れ、鮮やかな藍色に変化する様子はまるで魔法を見ているかのよう。

天野さんは染物を学ぶため京都の短大に進学。染めの基礎を学び、卒業後すぐにふるさとで藍染めの世界に身を投じました。ところが半年後に師である祖父が病で倒れ、現場で指導を受けることができず、いきなり苦境に立たされます。
「藍液は、液の状態を見極める管理が難しく、5年はいい色が出せないダークサイドに落ちそうな日々を過ごしていました」

そんな天野さんですが、染められるようになったのは自分の考え方が変わったからだと言います。
「僕は藍液をすっと道具として扱っていたんです。ある時から液の中で微生物が元気に頑張ってくれているおかげで染まることに気がつきました。ありがたいという感覚になってからは、藍液が応えてくれるようになったと思います」

手ぬぐいやブックカバーなど、伝統模様に加えてオリジナルの柄も展開する天野さん店頭で販売もおこなっています。

自分も使いたいと思えるものづくりをモットーに、染めとデザインに色を足して、自分がワクワクするテキスタイルに挑戦するのが目標だと言います。デザインしたものをお客さんが受け入れたときの喜びは、エアーでハグされているような感覚という天野さん。そんな機会が、これからますます増えていきそうです。

天野さんが直伝してくれる「藍染教室」

手ぬぐいやTシャツなどを藍で染める体験を毎日開催しています。
(2名から要予約・10時~12時・2000円〜、持ち込みで染めの希望の場合100g1200円〜)
布の好きな場所を輪ゴムで絞って柄を描きます。
半分は全体を染め、半分は輪ゴムで絞って模様をつけた手ぬぐい。約2時間で全行程を体験できます。

DATA

天野紺屋

島根県安来市広瀬町広瀬968
TEL / 0854-32-3384
営業時間 / 10:00~18;00
定休日 / 不定休
アクセス / JR安来駅よりタクシー
駐車場 / あり
HP / https://www.amanokouya.com/