近日公開 みちくさ動画
月の輪神事 予告編

予告編 月の輪神事 島根県安来市

島根県安来市 月の輪神事。出雲風土記によると674年に語巨猪麻呂(かたりのおみいまろ)の娘が中海に臨む 毘売崎の浜辺(現:安来港あたり)で遊んでいるところをサメに食い殺されてしまい、娘の魂を慰めるためにサメを退治した月の輪(武器)をつくり、350年間絶やすことなく毎年8月14日から4日間、4つの町内から安来港へ向け、山車を引き笛と太鼓のお囃子で練り歩き踊り続けます